トップ / 注意ポイントと準備するもの

クルージングで二次会

注意ポイントと準備するもの

押さえておきたい船上での注意点

クルーザーで二次会を催す際に気をつけておきたいのが、船の上ならではの注意点。二次会を楽しいものにするためにも、参加者には事前に注意事項を伝えておきたいところです。

たとえば、参加者の船酔いには多少の配慮が必要になります。二次会に使用するクルーザーは大きなものですし、陸の近くを遊覧することがほとんどなので、揺れや船酔いを過剰に心配する必要はありません。

とはいえ、船酔いに対する弱さは人それぞれ。乗りもの酔いに弱い参加者には、事前に酔い止めを飲むように呼びかけておいたほうが賢明です。

酔い止めは、飲んでから効き始めるまでに30分程度かかります。船酔いが心配な人には、乗船の30分ほど前に酔い止めを飲んでもらうようにしましょう。

なお、酔い止めをアルコールとともに摂取すると、思わぬ体調不良を引き起こす場合があります。この点も参加者に通知しておいたほうがよいでしょう。

クルージング中は、体温調節にも注意が必要です。特にデッキの上に出るときは、外気の寒暖に気をつけてください。真夏にデッキの上で長時間を過ごすと、熱中症になる恐れがあります。デッキ上が暑すぎると感じたら、適度に船内で休憩するか水分を摂るなどして体調を整えましょう。アルコール飲料が体の水分を奪うという点も、留意しておいてください。

夏とは逆に、秋や冬のデッキはとても寒くなります。しっかり防寒対策をとったうえで、パーティーを楽しみましょう。特に女性は、足元が冷え過ぎないように注意してください。

船上での服装について、このほかに大きな注意点はありません。たいていのクルーザーは自由な服装で乗船できます。ただし、帽子は強風で飛ばされる可能性があるので、気をつけて着用しましょう。

以上のように、クルーザーでの二次会には一定の注意すべき点があります。とはいえ、どの注意点も少し気をつければ守れるものばかり。ぜひ安全面に気を配りつつ、クルーザーでの豪華な二次会を楽しんでください。

Copyright © 個性的で印象に残る二次会を. All rights reserved.